Craft Onsen Project

VOL2
Craft Onsenの誕生

温泉は後数万年経てば石油になる

Wikipedia

温泉=天然資源
温泉とは良質な天然水をベースに、土壌に含まれるミネラルが長い年月をかけ溶解してできた太古のミネラルのスープが地熱で温められたものだ。つまり温泉は風土が作るとも言える。
我が国は火山国で海底隆起した肥沃な土壌と豊かな水資源を持つ世界で最も温泉資源の豊かな国である。その証拠に確認済みの世界の総源泉数の実に9割近くが日本に集中している。
前述の通り、三田は長年投資銀行で石油や金属といった天然資源のビジネスに携わってきたので、温泉が天然資源であるとすぐに気づいたのだが、この気づきこそがイノベーションだったのだ。
温泉は石油のようにrefine、つまり精製ができる。ファミレスにいた三田は夢中になってキッチンペーパーに製造工場のイメージ図を一気に書き上げた。

実際のメモ

温泉にはその土地の土壌成分がイオン化、つまり溶けて温泉成分を形成しているが、実は温泉の成分の99%以上は水なのだ。逆にいうとわずか0コンマ数パーセントの成分で人の体にあのように「作用」を起こすとんでもないポテンシャルを持っているとも言える。
科学の世界でいうと、実は温泉の独特な色味や香りは成分ではなく溶けていない「雑味」なのだ。自然界(天然温泉)でドリップ可能な成分はここまでが限界だった。
ちなみに原油もその名の通りcrude oilとして算出され、そこから精製を重ねガソリンや灯油になっていくが、温泉はむしろこの「雑味」を増やしていく精製を行う。つまり天然温泉が数万年かけ地下深くで生成されるプロセスを繰り返すことで99%の水に温泉成分を「ドリップ」しその濃度をどんどんあげていくという発想だ。三田は温泉地の地層から取り出した様々な鉱石をブレンドし、温度や圧力を変化させ温泉成分を「ドリップ」する実験を繰り返し、最終的に約1万倍という超濃縮温泉の開発に成功し、それを「クラフト温泉」と名付けた。
三田はこのクラフト温泉を一人でも多くの人に知ってもらいたいと思ったが紹介する場所も体験できるところも見つからなかったので、西麻布にあった自宅のガレージを改装して湯治場を作って、そこを”Le Furo”- ルフロ – と命名した 。これはフランス語の前置詞と日本の風呂を掛けあわせた造語で三田が考える新しい風呂の形を提案したものだった

そうして2013年10月 ルフロ 西麻布が誕生した。今思えばそこが「本当の」始まりだったのだけど。

1 2

3

4 5
PAGE TOP