100年後「そういえば病ってあったよね」

1日も早く僕は会社を解散させたいと思ってる。Le Furo には明確なミッションがあり、それがコンプリートしたとき、世の中は確実に良くなっているからだ。
2011年、秋田で湯治に出会い、温泉の秘密がミネラルということを知り、ミネラルからライナスを知り、彼の遺した言葉にハートを撃ち抜かれ、この言葉に寄り添って生きている。
僕の原動力は自由への探求だ。自由とは文字通り「自らを由(よし)とする」ということで、つまりはガイアツのない人生ということだ。
僕にとって地球上でイチバンの”ガイアツ”は病だと思っていて、人々の生ききるという自由を簡単に奪うこの病を僕は猛烈に憎んでいる。共存する気などさらさら持てないのだ。
Le Furoのゴールは「病に勝つ」のではなく、病をこの世からなくしてやろうということだ。そのために我らが持つ武器はクラフト温泉、ただ一つ。そんなの無理に決まってる? それはどうかな。ライナスの言葉には地球を変える力がある。僕はクラフト温泉を通じて彼の言葉の正しさを証明しようとしているにすぎない。ムズカシイ話は何もない。ひとっ風呂浴びればいいだけの話なのだ。

三田直樹


クラフト温泉開発ヒストリー

VOL 0
石油から温泉へ

 誰にもノックされないのなら、新しいドアを作ろう。

ミルトン・バール

震災とエネルギービジネスでの『違和感』

2011年3月11日、当時米系投資銀行で資源関連事業に携わっていた当社代表の三田(以下三田)は地方の電力会社で複数の打ち合わせに参加していた。当時盛んに議論されていた電力自由化とCO2の排出権に関するリスクマネジメントについての話だった。三田は最初の打ち合わせが終わり、次のミーティングを前に遅い昼食を取っていた。
その時ゆらゆらと揺れを感じた。後から調べたら震度3であったが、その時は随分長く揺れるなぁという程度だった。その後打ち合わせに向かったのだが全ての予定は中止と言われた。
東日本大震災が発生したその日だった。


三田が当時担当していた国際商品市場部門は、24時間休むことなく資源のトレーディングを行う部門だった。震災当日もシンガポールを中心に東京や香港を結びトレーディングを行なっていた。
国際商品は現物に加え先物市場も有する自由市場だ。三田が携わっていた石油市場も実需家以外にも投機筋などが参加し、市場に十分な流動性を供給し活発に取引が行われている。相場は、受給以外に紛争や災害などの地政学リスクにも大きく左右されるのだが、この時の大震災もまさに相場の大きな変動要因となった。
結論、三田が所属していたトレーディングチームはこの震災で大きな利益をあげた。市場参加者のプロとして当然の結果であった、、はずだった。
それは後になって自分が携わるビジネスへの「違和感」だったと気づくことになるのだけど、その時はなにかモヤモヤとした感覚だった。目の前で多くの方々が被災し亡くなる中で、資源市場では「イベント」の一つとして取引材料にしてしまうという現実。これまでも戦争や災害を「材料」に取引していた自分。不都合な真実から目を背けていた自分。初めて当事者意識が芽生えた瞬間だった。

いったい自分はなんのために仕事をしているの?

日本中が暗く、自分も含め文字通り真っ暗だった2011年春 三田はこの後の人生を決める運命の出会いをする。

玉川温泉での”湯治”との出会いであった。

1

2 3 4 5
PAGE TOP