SDGsの本質を温泉で考える

太古に生きた生物や微生物が、長い年月をかけ大地で熟成され「温泉」という資源を生み出します。
そして現代に生きる私たちが生命の触媒として温泉を利用しています。人はもちろん、動物たちの栄養補給や、大地の水質改善、植物たちの液肥、抗ウィルスや除菌などの衛生管理にも有効ということがわかり、温泉は地球を元気にする目的での活用が期待されています。さらに使用後は私たちの体内から排出された有機物と混ざり合い、栄養価の高い液体となってふたたび地球を潤します。そして、私たちがやがて土に還りそれが再び未来の温泉となって未来の地球を豊かにします。温泉は私たち生命の営みそのものなのです。

掛け声だけで終わらせない

クラフト温泉は地表にある温泉鉱石から温泉成分を抽出するため地下深くのボーリングを必要としません。温泉は希少な天然資源なので、それをいかに守っていくかを考えながら私たちはクラフト温泉を生産しています。

ルフロが考えるSDGs

私たちの工房では必要な量だけ必要な時に作っています。
天然温泉を原料にしているので希少な資源を大切に守りたいからです。
見た目は不恰好かもしれないけど、ダンボールや包装も新しいものは極力作らず、あり物を使って丁寧に再利用しています。
容器も自社ブランドは100%再利用可能な国産の瓶に切り替えました。定期会員のお客様にはちょっと重たいけど、瓶を何度も再利用してリフィルしてもらっています。
施設のクラフト温泉の排水は畑や草花の液肥にしています。
必要な人に必要なものを必要なだけお届けする。小さな小さな取り組みですが、私たちルフロはクラフト温泉の活用を通じて、地球と地球上に暮らす生き物の持続的な健康と環境保全の実現を目指しています。

PAGE TOP