TOJI SPA

温泉の雲に
つつまれる。

温泉ミスト浴 Air Supplement

TOJI施設内部。40度のやわらかな温度です

Le Furoの温泉濃縮原液  シェール温泉™️を特許技術でミスト化。温泉の有効成分であるミネラルの吸収を高めるために設計された当施設には、他の温浴施設にはない大きな特徴が2つあります。

特徴1 代謝の力で体の「中から発熱」する

41℃を超えると急速に交感神経が優位に

TOJI施設の室温は常時39−40度で、他の温浴施設に比べて低く設定しています。これは自律神経がもっともリラックスする温度である41℃未満を強く意識しているためですが、Air supplementではこの温度でも全身がしっかり温まります。「体温が1℃上がると基礎代謝率が15%くらい上昇する」とよく言われていますが、正しくは「基礎代謝が15%上がるぐらい熱を作ると体温は1℃上がる」です。ここで大切なのは「体が熱を作ってはじめて、体温が上がる」ということです。通常の温浴は施設の温度を高め、体がその熱を受け取っているだけなので熱エネルギーへの変換はありませんが、私たちのTOJI施設は先述のAir supplement技術によってミネラルを体内に取り込み、内臓で「作用」して自分の力で基礎代謝を高めていくことを目指しています。

特徴2 ミネラルの吸収率を高める

もう一つの特徴がミネラルの吸収率の高さです。こちらのグラフは形態別の可能吸収率を表しています。私たちのシェール温泉™️は、水溶化することで吸収率を高めていますが、Air Supplementはこの可能吸収率をさらに大きく高めるための技術です。これにより低温でも短時間でしっかり体を温めることが期待できます。