湯治の歴史

湯治の歴史は
仏教の歴史。

昔は「湯」と言えば今でいうお風呂と同じで「湯」に体を浸すものでしたが、「風呂」は蒸し風呂をさし蒸気を発生させ体を「燻す」ことで垢をこすりおとし、掛け湯をするという現在版のサウナのようなものでした。お風呂は大変贅沢なもので、たまに入る一種の娯楽でした。武士や一般庶民は普段は水で体を洗う「行水」、または水でただ汚れを落としていたようです。

湯治と仏教

風炉の歴史は仏教の歴史です。仏教では汚れを落とすことは仏に仕える者の大切な仕事と沐浴の功徳を説いたと言われ、多くの寺院で浴堂を構え施浴が行われたと言われています。また、入浴は七病を除き七福を得るという教えもあり、寺院へ参詣する客を入浴させたとも言われています。いにしえの日本では風呂を「風炉」と書いていましたが、それはこの絵巻のように炉で温泉を蒸気化して浴堂内に風を送りで身と心を燻して邪気を取り除いていたからと言われています。昔の日本人は、風呂を「心と体を整える場」として認識していたのです。

今に残る蒸風炉の歴史

江戸時代末期までは蒸し風呂が主流でした

先にも書きましたが、江戸時代まで、日本の風呂は蒸し風呂が主流でした。今でも言葉として残っていますが、庶民達は「浴衣」を着て「風呂敷」を敷いて入浴しひとっ風炉「浴び」ます。終わった後は風呂敷に着替えを包んで帰りました。この蒸し風呂は、短時間で汚れを押し出し、体を温める、とても効率の良いシステムでした。ルフロのエアサプリもこの仕組みに基づいて設計されています。

伝統と革新 現代湯治

Le Furoの社名の由来はFURO、そう「風呂」です。私たちは仏教に由来する「心と体を整える」という考え方をとても大切にしています。単に体を洗うための時間ではなく昔の風炉のように、心身を整え持続可能な健康を守る素晴らしい習慣をLifestyle TOJIとして世界に広める活動をしています。