湯治で美しく

世界一のコスメを
自分のカラダでつくる

僕はいま46歳なのですが、よく年齢より若いと言われることが多いです。健康のコラムのところでも書いたのですが、湯治以外は運動もしないし好きなものを好きな時、好きなだけ食べています。美容にいたってはスキンケアも洗顔もせず固形石鹸で上から下まで全部洗ってます。これは自慢でもなんでもなくて、人はもともと自分でお肌や体を整える機能を持っているのを知っているから、あえて外から何もしてないだけです。その分、毎日の湯治生活を通じて、自分のカラダの中では代謝工場がフル稼働してお肌を作り、筋肉を生み出し、ボディオイルを作り出しているわけです。

世界一のコスメを自分の体でつくる

TOJIビューティメソッド

身も蓋もないお話ですが、どんな高価な化粧水、乳液、美容液やクリームを活用しても、肌奥に浸透して傷ついた細胞を修復したり、皮膚の細胞に水分・油分などの栄養部を送り込んだりするのはむずかしいそうです。逆の言い方をすると、肌は体の「中」から修復して、栄養を送り込む必要があります。ここに長年にわたるお肌の悩みの根本原因と誤解がありました。

お肌は内臓の鏡

赤ちゃんの肌が美しい一つの要因は、ターンオーバーの速さ。ターンオーバーは内臓がしっかり働いて細胞の隅々まで栄養が送り込まれて初めて活性化します。つまり中から改善していくしかないんですね。これが肌が内臓の鏡、と言われる所以です。年齢を重ねると新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーの周期も遅くなってきますが、ルフロ湯治の最大の強みはミネラルチャージにより、体内から代謝を改善することです。ルフロのお客様は湯治以外ほとんどスキンケアをしません。
それはミネラルを取り込んで毒素が抜けた後に自分の体から出る皮脂が世界一自分のお肌に合ったスキンケアだからです。湯治で温まったあと毛穴が開きミネラルがぎゅっと送り込まれることで、代謝が格段に上がり、その力で体内の余分な水分を流し、毒素や老廃物が排出されると、その後に分泌される皮脂は最高級のクリームになるのです。

さぁ、今日から世界一のコスメを体の中で作りましょう