温泉とは、地熱で温められた地下水が地殻から湧き出ることで生まれた泉です。
それに対してクラフト温泉は、高温高圧の環境下で天然温泉に温泉鉱石と呼ばれる軟石を”ドリップ “することで、天然温泉を約10,000倍程度に成分を増強する特許技術で、いわば温泉のエスプレッソです。  

クラフト温泉の特徴は、大きく3つに分けられます。
① 濃度
② 泉質
③ 機能性
まず、クラフト温泉はその濃度が大きな特徴です。地球上で温泉が出来るプロセスを科学的に再現し、これにより平均的な天然温泉比で約1万倍という高濃度の温泉を精製することが可能になり、温泉の用途が格段に広がりました。地産地消だった温泉に、移動の手段ができることで天然温泉にパラダイムシフトが起きました。


次にその泉質にも大きな特徴があります。泉質とは温泉に含まれる成分を指しますが、成分とは水溶化、つまり陰イオンになってはじめて成分として作用します。クラフト温泉は、鉱石に含まれる様々な温泉成分を全てドリップして抽出するため、結果的に各地の源泉の特徴、つまり土壌の雑味を残しつつ下記にあるような泉質のあらゆる要素を含むスペシャリティな「ブレンド温泉」になるのです。

最後に機能性です。新型コロナの不活化実験の成果(間も無くリリース)も含め、現在医療・研究機関と様々な観点で研究が進んでいます。ミネラルを体内で作用させることで起こる細胞の変化を随時開示していくのと同時に、医療、農業、ヘルスケアなどの分野での幅広い活用を提案していきます。


原材料 地球。 クラフト温泉のこれからにどうぞご期待ください。

PAGE TOP