TOJI TIMES

週間
TOJI times

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 健康
  4. 寿命と性別とミネラルと

寿命と性別とミネラルと

寿命は女性の方が長い

福岡の田中さんが国内最高齢更新 117歳261日

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6371507

大変おめでたいニュースですね。田中さんなんと103才の時に大腸ガンを克服したそうです。
Wikipediaで115歳以上のギネス認定ランキングを見てみるとこんな感じです。

気づきました? もう圧倒的に女性です。世界的にも男女の寿命差は同様にあります。
では、他の動物ではどうか。
バース大学が、野生動物の個体数の統計学的研究を再評価したところ、哺乳類101種のうち60%においてメスの寿命がオスよりも長いことが示されたそうで、平均するとメスはオスより18.6%長かったとのこと。嗚呼悲しきかな我らメンズたち。
僕は天寿さえ全うできればその長さには全くこだわらないけど、温泉をライフワークにしている人間として、寿命の議論は避けて通れないので、ちょっと調べてみました。今どんな説が世の中に出ているのか。。

先に僕の結論を話してしまうと、寿命は先天性4割後天性6割で後天性の9割以上はストレスの多少によると思ってます。食事とかはほぼ無関係。塩分控える説に至ってはむしろ有害。ストレスフリー万歳!

・生理的欲求説 三田オススメ度(★★☆☆☆)
オスの寿命が短い原因は「交尾するための激しい競争」にある説。ケンブリッジ大学の研究によると、20種の異なる脊椎動物の調査を行い、一夫多妻の規模が大きくなるほど、オスの寿命がメスよりも短くなるという結果を得たそう。つまりオスの交尾の競争が激しくなるほどオス一匹あたりの交尾回数が少なくなるため、そのような種のオスは、長寿になるように進化する強い動機がなくなり、寿命が短くなると。日本もちょっと前までは一夫多妻でしたねぇ。またの名を「生理的欲求」依存説とも言えるかも。

・生活スタイル説 三田オススメ度(★★★☆☆)
ライオンのメスは姉妹、母親、娘たちがいる群れの中で生活し、お互いを世話するそう。一方オスライオンは単独で生きるか、兄弟とだけ共生しており、メスとは支援ネットワークが異なることが、寿命の違いに出ていると。生活様式の違い説は人間にも当てはまりそうですね。

・同種性染色体説 三田オススメ度(★★★★☆)
鳥・昆虫・魚・哺乳類を含む229種の生物の寿命データが調査されたところ、「同じ種類の性染色体が2つあること」が生存に有利に働くことが示されたそうです。哺乳類でいうと女性の性染色体「XX」がこれに当たりますが、鳥類の場合はオスの性染色体「ZZ」が該当し、メスよりオスの方が寿命が長いとのこと。これは先天的な寿命要因としては有力そうです。

・ストレス免疫説 三田オススメ度(★★★★★)
性染色体のように先天的な要因は変えようがないけど、後天的な要因については変える余地があるものがある。その筆頭がストレス管理で、僕が最も(湯治よりも!)強く推す長寿説です。
ストレスを科学的に説明すると「交感神経が過剰に優位になり白血球の顆粒球が増加した後、活性酸素を放出し、組織破壊を起こしながら血管が収縮した状態」です。人はストレスを感じると体温が下がります。赤ちゃんがママが部屋から出ると体温が1℃以上下がるという実験データもあるくらいです。
ストレスを感じたらそれを自覚した上で、コントロールすることが極めて、極めて大事です。副交換神経を優位にして自律神経のバランスをとり免疫を高めることを意識しましょう。ルフロを普段からご利用頂いている方は、何度もこの話聞いたことあるかもしれませんね。

生き物に寿命はつきもので、この先どんな科学技術が進化しても、僕たちの世代に寿命が急に何十年も伸びることはないと思います。大切なことは先天的にプログラムされた天寿を100%に近く全うできるようにマネジメントすることです。
僕は根拠のないことは言わないよう心がけていますが、ミネラルを摂る、体を温める、そしてストレスを抑える この3つだけ意識してあとは好きなように生活をすればかなりこの天寿を全うできるのではないかと思っています。
僕には十年前後のデータしかありませんが、毎日ミネラルを摂ってる僕の仲間のうち、クラフト温泉の原理を開発した先生は御歳96才でまだまだご健在だし、私の父は間も無く80歳になるけど、髪の毛はふさふさ、老眼も全くなく(いまだに裸眼で新聞を普通に読む)、ボケ一つなく(天然ボケは昔から凄まじいが。。)ラーメン大好きな大飯食いです。この方々は本当みな自由に生きている。それが健康の秘訣かなーと思うこのごろ。

クラフト温泉7本セット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事