TOJI TIMES

週間
TOJI times

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 健康
  4. クラフト温泉 開発ストーリー1

クラフト温泉 開発ストーリー1

湯治との出会い

湯を浴びる温泉

2012年 僕は湯治に出会った。正確には2011年の震災のあとに知って、そこから出会えるまで一年半も待つことになったのだけど。。
今日は僕がなぜ湯治に出会って、そこからこれを仕事にまでしたのかを書いてみようと思う。

僕は神奈川県の厚木という田舎で生まれ育った。小さいころから温泉は身近な存在で、当たり前のように毎週入る生活をしていた。
どちらかというと賑やかなところよりも静かな場所でのんびり遊ぶ方が落ち着くタイプだったので、そういう意味でも温泉地は僕にとってはちょうど良い「遊び場」だった。当時の僕にとって温泉は「娯楽」の一部で心地よい「場」としての存在だった。

大学に入って東京に生活の拠点が移っても、温泉はライフスタイルの中にしっかり根付いていて、暇ができると温泉へ行っていた。もはやそれはルーティン化していてちょっとカフェにいくような感覚に近かった。

そんな2011年の3月、東日本大震災が起こった。僕は投資銀行で石油関連の仕事をやっていたのだけど、オイルマーケットは大混乱に陥った。
僕自身はたまたま地方出張に出ていて、その日は電力会社のアポイントだった。その時の緊張感は直接の被災をしなかった僕にも伝わってきた。とんでもないことが起こったと。


東京に戻って混乱の中、数ヶ月間対応に追われていたある日、僕は無性に温泉に行きたくなった。後で振り返ると、いつもとは「異なる」欲求だったような気がする。


行き先を調べていたとき、偶然「湯治」という言葉が目に止まった。
そこは秋田県にある玉川温泉という名前で、ガン患者の方が長期逗留する湯治場であると書いてあった。温泉に湯治なんてものがあるんだ、秘湯っぽいな。その時はその程度の知識と感想しか持ち合わせていなかったのだけど、まさかそのあとこの「湯治」が自分のライフワークになるなんて夢にも思っていなかった。

パラダイムシフト

玉川温泉の源泉

湯治とは文字通り「湯」で「治す」、つまり温泉を積極的に病気の治癒に活用するという昔から日本にある自然療法で、温泉という意味ではこれまで僕が体験してきたものと変わらないのだけど、その目的は体の「問題」を「治す」ことにあった。
僕は自他共に認める健康優良児で健康診断も常にオールAだったから湯治とは無縁の生活を送っていた。だから湯治についてもこれまでの温泉の延長線で秘湯感覚で行ったわけだけど、この玉川温泉を体験して僕の温泉に対する意識が一変することになる。大げさな言い方をすると健康に対してパラダイムシフトが起きた。
湯治の前と後で自分の体が「生まれ変わった」ような感覚になった。湯治初日の夜、僕は黒い鼻血が出た。翌日には全身に大きな吹き出物が現れて全身がだるくなった。顔の皮がぺろっと剥けた。これは何かまずいことが起こっていると思って、湯治場に常駐している医師に聞いてみたところ「好転反応」という言葉を聞いた。つまり自分の代謝や免疫が知らず知らずのうちに低下していて体の中にあった毒素や老廃物が排出されていなかったということのようだった。
東京に戻ってからの体の変化は感動レベルで、別人になったような快調さだった。漠然と温泉は健康に良い程度にしか思っていなかった僕には目から鱗が落ちるようなお話だった。

そこから僕は「湯治」に恋をしてしまった。

つづく

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事